社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル

セッションにおいてのドラムの役割

セッションにおいてドラムの役割は指揮者のようなものです。自分のリズムに合わせてもらうことは簡単ですが、それだけでは演奏は上手に出来ません。ドラムが周りの楽器の変化を察知して盛り上げたり大人しくしたりと雰囲気を作ることが大切です。そのため大音量で叩くよりも、周りの音が聞こえるボリュームに抑えることも大切です。

ドラムの音が軸になる

セッションをしているとドラムの音を他の楽器の人たちは意識します。音量も同じで、ドラムが大きいと周りの楽器も音を上げないと聞こえなくなってしまうので、音量を上げざるを得ません。 そうすると徐々に音が大きくなって最終的にみんな何を弾いてるか分からない状態になってしまいます。そのため出来るだけドラムは周りの楽器が自分で叩いていても聞こえるレベルで演奏をする必要があります。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫