社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル



音楽サークルでドラムを上達させる

ドラムという楽器について考えると、リズムを刻んでいるというイメージです。ドラムが上達するための練習方法は、やはりゆっくりとしたテンポで練習するということになります。無理やりにその速さで叩こうとするのではなく、テンポを落として丁寧にリズムを叩いての練習が効果的です。テンポを落として練習するのは退屈だと思うかもしれませんが、考えている以上に効果的で、ある日普通のテンポで叩いてみると、綺麗にリズムが叩けるようになっています。

「一人では退屈」という方に




そんな一人の練習も大切なことですが、仲間と共に音楽を楽しむこともやりたいですよね。そんな方は、社会人の音楽サークルに入ってみるのも良いことかもしれません。そして、ドラムが上手い人の共通点は、まず音に違いがあります。CDで聴くと分からないかもしれませんが、生で聴くと上手い人ははっきりしたクリアな音で聴こえます。

丁寧なドラムが一番




セッションをするにあたって、リズムを正確に刻むのは当たり前のことなのですが、その上でメンバーの個性も出るようなドラム演奏が出来るのが上手い人だといえます。リズムの正確さだけではなくて、テンポをキープするというのも大切です。また、一音一音を綺麗に刻んで、基本的なリズムもしっかりと演奏している人が上手いといえるでしょう。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫