社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル

演奏スタイルの重視

今の時代は、音楽ブームというものとは、無縁な印象を受けますが、実際のところそうでもありません。確かにネットの普及もあって、音楽業界というものは一時の勢いをなくしましたが、その一方でバンドサークルのような、「個人が趣味で行うもの」に関しましては、いまだに根強い人気を持っているのです。
そのような中で、特に目立っている印象のあるものが、「社会人たちが結成するバンドサークル」というものです。こうしたバンドサークルというものは、学生よりもむしろ、「自分たちが学生時代に、音楽ブームを迎えていた社会人たちが結成する」ケースの方が多いのです。おそらくは自分たちが社会人になって、一通り落ち着いた状態になった時に、かつてあこがれていた世界に関与してみたいと思って、サークル活動を始めるというケースが多いようです。
なんにしましてもそのような流れで、バンドサークルをするのは素晴らしい事ですが、やはりなにかと多忙な社会人だけに、完全に自由ではありませんので、練習時間の調整のような部分で、なかなかスムースにいかない場合もありますので、それは注意です。特にその演奏スタイルが確立されていないバンドでは、意見の衝突もあり得ますので、要注意です。しかしその演奏スタイルを確立する事ができていれば、逆に多少の問題がありましても、その活動に大きな支障にはならないでしょう。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫