社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル

その1 鼻歌からでも作曲はできる


作曲をするというのは、楽器心者からすると難しそうな印象を与えるものです。
しかし、そんな楽器初心者の方の中にも、鼻歌で自作の歌を即興で歌ってみる人は少なからずいるはずです。
なんとなく鼻歌で作った歌も、作曲といえば作曲です。
作曲で重要なのは、自分で考えたメロディーを何かしらで奏でることができるかどうかです。
そのため、鼻歌で自作の歌を歌えることができるという人は、作曲の才能があると言えるでしょう。

その2 最低限のコードだけで作曲はできる


ギターで作曲をするとなると、様々なコードを弾けるべきだと考える人もいるでしょう。
確かに、セブンスやアドミナンスなど少々複雑なコードを弾けることで損することはありません。
しかし、作曲においてそういった複雑なコードを全て弾ける必要は全くありません。
かの有名なブルーハーツの曲がすべてメジャーコードとマイナーコードからなることから分かるように、最低限のメジャーコードとマイナーコードさえ弾ければ作曲はできます。
無理して様々なコードが弾けるように努力するよりも、作曲をして簡単なコードでもいいから奏でられるよう努力する方が良いでしょう。

その3 作り出す楽しさを経験できる


どんな曲でも演奏することは楽しいですが、自分で作った曲を自分で演奏する楽しさは、コピー曲とは違ってまた特別なものです。
自分の得意な演奏方法やコード進行を盛り込むことで、作曲もそうですが、楽器演奏自体を自然と好きになっていきます。
そのため、楽器演奏を好きになるために、初心者こそいきなり作曲に挑戦すべきではないでしょうか。
一曲通して演奏できないコピー曲を黙々と練習して達成感を得るよりは、一曲通して演奏できる曲を自分で作曲し、作り出す楽しさも演奏する楽しさも同時に味わう方が、長く続けていく事ができるでしょう。
作曲は難しそう、と敬遠するのではなく、何事も挑戦していくことでより楽しさを得ていきましょう。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫