社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル

楽器練習アプリを使う


楽器の練習はかなりの時間を要するものです。
なかなか楽器に触る時間がないという人は、それなりに上達にかかる時間も長くなっていきます。
そんな人の為に、楽器を練習するためのスマホアプリというものがあります。
ギターであれば、コードの押さえ方を確認できる「リアルギター」というアプリや、運指の練習ができる「ギター指トレ」というあぷりがありますし、ドラムであれば楽曲の暗譜に役立つ「ガレージバンド」や「WeDrum」など、あげていけばキリがありません。
これらは楽器が無い状況でも練習ができるため、学校や職場での休憩時間や移動時間など、様々な状況で練習することができます。
しかし、これだけでまかなえるという訳ではないため、しっかり楽器を触る時間は作りましょう。

YouTubeのハウツー動画を参考にする


楽器の上達には、上手い人のレクチャーがかかせません。
しかし、楽器教室に通うとなると、かなりのお金がかかってしまいます。
そこで、YouTubeにあがっている様々なハウツー動画を見ることをおすすめします。
「ああいうのは初心者向けなのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、全くそんなことはなく、楽器の上手い人ほどああいう動画を見ています。
基本中の基本から少し凝ったテクニックまで、幅広いハウツー動画があがっているので、この機会に一度見てみてはいかがでしょうか?

身近なところに楽器を置いておく


9mm Parabellum Bulletというバンドのギターである滝善充さんは、噂によるとトイレに行く時もギターを持っていくといいます。
楽器が上手い人というのは、人よりもそれだけ楽器に触っている時間が長いです。
トイレに持っていこう!とは言いませんが、できるだけ楽器は身近な場所に置いておきましょう。
そして、食後や寝る前、テレビを見ている間などに気軽に触れるようにしておくと良いでしょう。
楽器に触る、というのは根を詰めて熱心に練習するという訳ではありません。
気軽になんとなく触っているだけでも練習になります。
身近に置いておくことで、そのような気軽に触れる時間を増やしていきましょう。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫