社会人音楽サークル・インフィニティーループ
作曲する社会人音楽サークル

リハーサルで行う演奏の部分を打ち合わせしておく

ライブを成功させるためには、リハーサル時間を上手に活用する必要があります。実際に、ステージ上を使って演奏できるリハーサル時間は、最終確認をするうえで非常に重要な時間ですから、無駄にすることのないよう気を付けたいものです。リハーサルで行う演奏部分は、慌てることのないように事前に決めておくのがベストでしょう。限られているリハーサル時間であるにも関わらず、「何やろうか」とリハ中に相談するのは非常にもったいないです。また、リハーサル時間を押してしまうと運営にも迷惑をかけることになってしまいますので、スムーズに進行させられるよう努力しましょう。貴重な音合わせの時間ですから、1分たりとも無駄にしないという心構えを持つことも大切かもしれませんね。前もってどの部分を確認しておきたいのか、不安な箇所や重要な箇所はどこなのかなど、メンバー間であらかじめ意思疎通しておくのが大事です。

全体の音のバランスを誰かに聴いてもらう

リハーサル中、演奏している当事者である自分が聴いている演奏と、観客席に届いている演奏というのは案外かけ離れているものです。ボリュームや各楽器の音のバランスなど、客観的に聴かなければ分からないことも多いのです。ですから、お客さん目線ではどのように聴こえているのかを、誰かに確認してもらうのがおすすめです。自分たちでは良いと思っていたとしてもうるさく聴こえてしまったり、逆に音が届いていなかったりするのを防ぐことができます。また、音を確認してもらうのと同時に、立ち位置についても見てもらうとよいでしょう。第三者目線からしっかり見てもらうことにより、細かな修正をすることができます。

上手いバンドのリハーサル方法を参考に

上手いバンドというのは、リハーサルも要領よく、工夫しておこなっているものです。ですから、ぜひとも上手いバンドのリハーサル方法を参考にし、改善していきましょう。上手いバンドの実際の演奏はよく観察しても、リハーサル風景は観るのを忘れがちです。沢山吸収すべきよい点があるでしょうから、それを見つけてみましょう。きっと自分たちのリハーサルにも取り入れられる箇所があるはずです。
更新日:2018年9月15日
ライブの転換で手こずらないためのアドバイス
更新日:2018年9月14日
本気でバンドを売り込みたいならある程度の出費は必要
更新日:2018年9月12日
ライブリハーサルでのバンドマンの心得
更新日:2018年9月10日
バンド練習後の打ち上げの重要性
更新日:2018年9月8日
普段聴く音楽によって演奏スタイルは決まる
更新日:2018年9月7日
時間がなくても楽器演奏を上達させる為の工夫